短い白髪を染める場合の3つの対処法!メリットやデメリットも知るべき

ヘアカラー

短い白髪はなぜか目立つので、できるだけ染めて見えないようにしたい女性も多いですよね?

しかし短い白髪は、染めるにしても難しい場合が多いです。

そこで対処法を3つに絞って、わかりやすく紹介します。

また自分で染めたいと思っている人も多いでしょうから、そのメリットやデメリットも知っておくと染める時に便利ですよ。

 

根元から生えた白髪が短いのなら自分で染めるべきか?

生えて間もない短い白髪は、「これくらいは自分で染めないと…」と思い、セルフカラーをしている人も多いでしょう。

しかしセルフカラーには、メリットとデメリットがあります。

自分で短い白髪を染めるなら、それを知っておくと、気を付けておくべきポイントがわかりますようになりますよ。

 

自分で染めるメリット

短い白髪を自分で染めるメリットは、そこまで多くありませんが、金銭面と手間が抑えられるのが大きいでしょう。

 

  • 美容室で染めるより格安
  • 出かけなくてもいい
  • 頻度は自分で決められる など

このように気軽に白髪を染めたいのなら、自分で染めたほうがいいはずです。

しかしその分デメリットも多いので、気を付けて白髪を染めるようにしてくださいね。

 

自分で染めるデメリット

自分で短い白髪を染めると、頭皮の負担が大きく、長い目で見たらデメリットのほうが多くなります。

 

  • 頭皮に薬剤が付いて負担が大きい
  • 意外に多くの薬剤を使う
  • 失敗しやすい

 

じつは新米美容師の中には、短い白髪を染めるのが苦手な人が多くいます。

それは短い白髪を染める場合は、ピンポイントで染める必要があるからです。

 

つまり頻繁に白髪を染めて慣れるまでは、失敗する可能性が出てくるので、気を付けたほうがいいでしょう。

また的確に短い白髪を染めるのなら、タップリ薬剤を使って白髪を染めていかないといけません。

 

タップリと薬剤を塗布すると、頭皮に負担がかかるので、薄毛の原因にもなります。

これが1番大きいデメリットですね。

 

その1:短い白髪を自分で染めるなら見えるところだけ!

短い白髪を染める場合は、頭皮の負担が大きくなってしまいます。

そのため自分で染めるなら、薬剤の量を最小限に抑えると安心して染められるでしょう。

 

  • 頭頂部の分け目
  • 前髪の分け目
  • おでこ側の生え際 など

 

上記のようにできるだけ白髪が目立つ部位だけを見つけて、部分的に短い白髪を染めてみてください。

 

その2:美容室に行って短い白髪を染める

自分で染める自信がない人は、美容師さんに染めてもらいと間違いありません。

もともと美容室の白髪染めは、市販の白髪染めに比べて、薬剤の強さが抑えられています。

つまり自分で染めるより、頭皮の負担が少なくて済むというわけです。

 

また短い白髪であっても、美容師さんは髪のプロ。

染め残しがほとんどなく、失敗する可能性もほとんどありません。

 

どうしても人前に立つ用事があるのなら、尚更美容室に行ったほうがいいですよ。

 

その3:短い白髪は染めるより放置するべき

個人的に1番おすすめなのが、短い白髪を染めるのなら、放置したほうがいいですよ。

それは次のようなメリットがあるからです。

 

頭皮の負担が最小限に抑えられる

短い白髪を染める場合は、とりあえず普通に染めるより、たくさんの薬剤を塗布する必要があります。

つまり頭皮の負担が大きくなるので、最初から染めないほうが安全です。

 

白髪が気になるのなら、ヘアアレンジや帽子をかぶるなどして、できるだけ隠すようにすればその場はしのげるでしょう。

 

節約になる

短い白髪を染める場合は、思ったよりたくさんの薬剤が必要になります。

市販の白髪染めなら、最初からタップリ用意されていますが、思ったより多く消費しないといけないはずです。

 

タップリ使うのなら、時間を置いて白髪が伸びてから使ったほうがお得ですよ。

また薬剤を作った後に放置すると薬剤が酸化して、染まりにくくなる上に、頭皮の負担がさらに大きくなります。

 

白髪染めを作ったら、その日のうちに使いきったほうがいいでしょう。

 

伸びた白髪を染めたほうが失敗も少ない

短い白髪を染める場合は、薬剤の塗り残しができやすいので、薬剤が濡れていない白髪が目立って失敗してしまいます。

 

慣れた美容師でも失敗することがあるほど、短い白髪を染めるのはそれだけ難しい作業です。

それなら白髪をある程度伸ばしてから、染めたほうが失敗も少なくて済みますよ。

 

短い白髪を染めたいなら美容室で負担の少ない薬剤を使ってもらおう

短い白髪を染めるには、何気に難しい作業です。

慣れた美容師さんでも、失敗することがあるほど面倒なので、自分で染める人は気を付けて染めてください。

 

少なくとも自分が見る表面だけでも、部分的に染めると失敗が最小限に抑えられます。

 

どうしても無理なら美容師さんに相談してみてください。

相談すれば頭皮の負担が少ない薬剤を使ってくれる上に、薬剤の塗り残しもなくきれいに染めてもらえますよ。

 

また当美容室では、頭皮の疲れを癒す施術も用意しています。

お気軽にご相談くださいね!

タイトルとURLをコピーしました