ヘアケア剤の選び方で困っている人のために見分け方を徹底解説!

ヘアケア

ヘアケア剤は今ではたくさんの種類が出ていて、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね?

自分に合ったヘアケア剤を探していて、困っている人のために選び方を紹介します。

 

基本的な選び方だけですが、これを知っていると大きく失敗した…と言う心配はなくなるはずです。

 

ヘアケアの基本「シャンプー」の選び方

ヘアケアで失敗しないためには、まず自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

 

もともとシャンプーというのは、髪や頭皮を洗うためのもの。

皮脂がなくなってしまうので、正しい選び方ができていないと、髪が乾燥してパサついてしまいます。

 

もちろん髪だけでなく、頭皮も乾燥してフケが出る場合や、逆に皮脂が極端に多くなるケースもあるくらいです。

それだけ大事な事なので、シャンプー選びは気を付けましょう。

 

誰でもわかりやすくするために、今回は簡単に選び方を紹介しますね。

 

  • アミノ酸シャンプーに絞り込む
  • サロン用を選ぶと安心
  • 保湿力がある程度あると間違いない

 

この3つを覚えておくと、とりあえず失敗は少なくなりますよ。

 

市販とサロン用の違い

ちなみにサロン用のシャンプーをおすすめしましたが、市販品と何が違うのか知っておくと、自然とサロン用を選んだほうがいいのかな…と思えるようになります。

 

市販シャンプーがおすすめの人
  • 安くて量が多いシャンプーがいい人
  • 頭皮の状態が比較的健康
  • 色々な匂いを試してみたい
サロン用シャンプーがおすすめの人
  • 敏感肌で荒れやすい
  • 髪の毛の痛みが気になる
  • 髪がきれいになるなら値段は気にしない

 

サロン用よりも、市販品のほうが相性のいい人もいます。

しかしそんな人は、割合的に少数だと思っていいでしょう。

 

市販品の多くはコストを抑えるために、洗浄力が強い成分が含まれています。

頭皮や髪が乾燥してしまうので、サロン用を選んだほうが無難ですね。

 

当店のおすすめシャンプーはコレ

 

当店では、ハーブマジックといわれるシャンプーを、お客様におすすめしています。

このシャンプーは、上記でポイントとして紹介した内容が、全て揃ったシャンプーです。

 

敏感肌の女性でも、安心して使えるスペックになっているので、ほとんどどんな人でも相性がいいでしょう。

唯一の欠点といえば、少し価格が高い点です。

お金に余裕がある人なら、使えば納得できますよ。

 

ヘアケアをするならトリートメントも必須!正しい選び方

ヘアケアをするなら、誰でも思いつくものが、トリートメントですよね?

髪をきれいに保湿するために使うのですが、このトリートメントにも選び方があります。

 

とはいえ、かなり簡単なポイントなので、とりあえず覚えておいて損はありませんよ。

 

そのポイントとは、製品の裏側に「トリートメント」と書かれている事。

これが意外に見落としがちなので、購入前にチェックするようにしてみてください。

 

コンディショナーとトリートメントの違い

トリートメントと書かれた製品を購入すると、それだけでヘアケアで失敗しません。

しかしこれは本当?と、少し疑問に思うかもしれませんが、この方法を紹介しているのには理由があります。

 

その理由とは、「多くのドラッグストアでコンディショナーが販売されているから」です。

 

コンディショナーとは、トリートメントよりも粒子が大きく、髪内部まで保湿する力がないヘアケア剤になります。

そのため価格が安く設定されており、気軽に購入できてしまうわけです。

しかし内部まで髪が保湿できないため、ヘアケアをしていても、髪がきれいにならない…と思う女性が多くいます。

 


このようにトリートメントとの違いを知らずにいると、価格が安いコンディショナーに手を出しがちです。

ヘアケアができないので、とりあえず裏面にトリートメントと書かれた製品を探す事を始めてみてください。

 

当店のおすすめトリートメントはコレ

▼市販品のおすすめ

 

▼サロン用のおすすめ

 

トリートメントと書かれたものは、どれを使ってもいいのですが、安いものを探している人は上記のトリートメントがおすすめです。

 

安いのに保湿力が高くて、気軽に効果を実感できるでしょう。

ただし、髪質によっては相性もあるので、試してみて判断してみてくださいね。

 

ヘアケア剤の選び方は用途に合わせるのがポイント

今のヘアケア剤には、たくさんの種類が出回っているからこそ、絶対コレ!というものはありません。

自分の髪質をよく把握してから、相性のいいヘアケア剤を探してみましょう。

 

とはいえ最低限知っておいたほうがいい知識もあるので、次の内容だけは覚えておいて損はありません。

 

  • サロン用シャンプーを使う
  • 洗浄力の強いシャンプーはNG
  • コンディショナーも使わない

 

この3つはわかりやすくて、失敗も少なくなるはずです。

あとは自分に合ったヘアケア剤が見つかるまで、試し続けてみてくださいね。

髪質が変われば、ヘアケア剤も変えないと状態が安定しなくなるので、そのあたりも覚えておくと安心ですよ。

タイトルとURLをコピーしました