ヘアカラー

ヘアカラー

セルフカラーの方法を意識するより美容室でカラーしたほうがいいと思う

家にいる時間が長い今の時期なら、セルフカラーをしたほうが気軽でいいな…なんて思う人も多いでしょう。確かにセルフカラーは気軽ですが、正しい方法で使わないと失敗してしまいます。そこでセルフカラーの正しい方法と、注意点についてもまとめてみました。しかし結論から言ってしまうと、きれいに染めたいなら、美容室でカラーしたほうがいいですよ。
ヘアカラー

短い白髪を染める場合の3つの対処法!メリットやデメリットも知るべき

短い白髪はなぜか目立つので、できるだけ染めて見えないようにしたい女性も多いですよね?しかし短い白髪は、染めるにしても難しい場合が多いです。そこで対処法を3つに絞って、わかりやすく紹介します。また自分で染めたいと思っている人も多いでしょうから、そのメリットやデメリットも知っておくと染める時に便利ですよ。
ヘアカラー

かぶれにくい白髪染めを使う前に覚えておいて欲しい原因と対策

白髪染めをしていると頭皮が痒くなる人は、かぶれにくい白髪染めを探しているでしょう。しかしいくらかぶれにくい白髪染めでも、頭皮が敏感になっている状態だと、かゆみが出る可能性があります。そこで白髪染めで頭皮が痒くなる人は、そうなる原因を覚えておいてください。対処のやり方も、ある程度把握できるようになりますよ。
ヘアカラー

白髪染めの後にカラーをするのは髪の痛みがでるからNG…その理由とは?

白髪染めの後に、ヘアカラーをして髪の色を明るくしてやろう…。このように考えている女性は、少し考え直してほしいです。それは経験上、デメリットのほうが多くなるから。その理由について具体的に説明するので、とりあえずこの記事を読み進めてみてください。ポイントとなるのは、「キューティクル」です。
ヘアカラー

おしゃれ染めで白髪を染められる?結論:白を黒くはできません

白髪を見つけると、少しでも「隠したい」と思うのが、多くの女性の希望でしょう。おしゃれ染めで白髪を染めたい気持ちもわかりますが、結論から言ってしまうと、白髪をきれいに染められません。「おしゃれ染めで白髪を染められない理由」「白髪染めを代用しておしゃれ染めを使う方法」「おしゃれ染めを使った実例」この3つを主に紹介しているので、納得いかない人は確認してみてください。
タイトルとURLをコピーしました