白髪染めでも安全な薬剤ってあるの?おすすめと選び方を要チェック

ヘアカラー

白髪染めというのは、意外に頭皮に負担がかかってしまいます。

そのため安全な白髪締めの薬剤を見つけられると、安心して黒く染められておすすめです。

 

どのような白髪締めだと安全なのか、おすすめの種類や薬剤について紹介します。

 

  • 肌荒れ気味な人
  • アレルギー持ち
  • 気にせず白髪染めをしたい

このような人が参考になるように、選び方などをまとめてみました。

 

ちなみに安全な白髪染めを知るために、体調面も気にして置いたほうがいいです。

白髪染めを使う前の対処法についての記事があるので、最初にこちらを読んでおくと、さらに安全に白髪染めができるようになりますよ。

 

かぶれにくい白髪染めを使う前に覚えておいて欲しい原因と対策
白髪染めをしていると頭皮が痒くなる人は、かぶれにくい白髪染めを探しているでしょう。しかしいくらかぶれにくい白髪染めでも、頭皮が敏感になっている状態だと、かゆみが出る可能性があります。そこで白髪染めで頭皮が痒くなる人は、そうなる原因を覚えておいてください。対処のやり方も、ある程度把握できるようになりますよ。

 

白髪染めの中で安全でおすすめの種類って何?

白髪染めの中でも安全な種類があるのを知っていますか?

 

そもそも白髪染めというのは、アルカリ性のものがほとんどです。

人間の肌は「弱酸性」で、白髪染めを使うとpHの違いなどから、肌荒れを起こしてしまうといったニュースもありました。

 

消費者庁の説明では、毛染めによる皮膚障害の多くは「接触皮膚炎」であり、ヘアカラーリング剤が原因だ。接触皮膚炎は、一般的には「かぶれ」と呼ばれている皮膚の病気だ。

 

そして、ヘアカラーリング剤の中で、最も広く使用されている酸化染毛剤は、とりわけ「アレルギー性接触皮膚炎」を引き起こしやすく、理美容師や皮膚科医の間ではよく知られている話だという。

※引用:Yahoo!ニュースより

 

このように白髪染めをやりすぎると、頭皮が荒れてアレルギーとなり、2度と白髪染めをできなくなるケースがよくあります。

それを防ぐためにも、安全な白髪染めを見つけないといけません。

 

  • 薬剤が頭皮に触れる時間が長い
  • アルカリ性が強すぎる薬剤を使う

 

この2つを意識しておくと、安全に白髪染めができるようになります。

ちなみに短い白髪を染めると上記のリスクが高いので、過去に紹介した短い白髪を染める対処法についての記事をチェックしておきましょう。

 

短い白髪を染める場合の3つの対処法!メリットやデメリットも知るべき
短い白髪はなぜか目立つので、できるだけ染めて見えないようにしたい女性も多いですよね?しかし短い白髪は、染めるにしても難しい場合が多いです。そこで対処法を3つに絞って、わかりやすく紹介します。また自分で染めたいと思っている人も多いでしょうから、そのメリットやデメリットも知っておくと染める時に便利ですよ。

 

おしゃれ染めで染めると、「白髪染めより刺激が強くない」という話もありますが、じつは白髪が染まりません

これも記事にしてあるので要チェックです。

 

おしゃれ染めで白髪を染められる?結論:白を黒くはできません
白髪を見つけると、少しでも「隠したい」と思うのが、多くの女性の希望でしょう。おしゃれ染めで白髪を染めたい気持ちもわかりますが、結論から言ってしまうと、白髪をきれいに染められません。「おしゃれ染めで白髪を染められない理由」「白髪染めを代用しておしゃれ染めを使う方法」「おしゃれ染めを使った実例」この3つを主に紹介しているので、納得いかない人は確認してみてください。

 

 

ヘアマニキュアは無難

※引用:Instagramより

 

1番安全に白髪を染めたいのなら、ヘアマニキュアを使いましょう。

このヘアカラー剤は、頭皮のダメージが最小限に抑えられます。

 

  • 頭皮に薬剤が付きにくい
  • 酸性で染められるヘアカラー剤

 

上記で紹介したように、頭皮が荒れるリスクが高くなる条件と、正反対の特徴を持っているからです。

 

しかしアルカリ性ではないヘアカラー剤は、厳密にいうと、白髪を染められるわけではありません。

髪の表面に膜を作って、白髪を黒く見せるように作られているからです。

 

 

詳しくはこちらで紹介してくれているので、仕組みを知りたい人は聞いてみてください。

簡単にいうと、一般的なヘアカラー剤とは違うので、色が抜けやすくなってしまうわけですね。

 

ノンジアミンカラーというのもあり

一般的なヘアカラー剤で、頭皮が荒れてしまうのは、ある成分が入っているからとも言われています。

その成分は「ジアミン」です。

 

この成分によって、頭皮に負担がかかるため、白髪染めが安全ではなくなっています。

それを抑えるために、「ノンジアミンカラー」という種類が用意されているです。

 

名前のとおり、ジアミンが入っていないカラー剤。

頭皮が荒れる要因を減らしているため、安全性が高くなっています。

 

ヘナはあまりおすすめしない

※引用:Instagramより

 

よく自然派ヘアカラー剤として、「ヘナ」を紹介しているところがありますが、あれは厳密にいうと頭皮に負担がかかります。

それは上記で紹介した「ジアミン」が、少量ですが入っているからです。

 

もちろん一般的な白髪染めよりも安全ですが、1度ヘアカラー剤で荒れた人が「ヘナ」使っても、かぶれてしまったという声も少なくありません。

安全に白髪染めを使いたいなら、少し考え直したほうがいい種類ですね。

 

市販に安全な白髪染めは出まわっていないの?

上記で安全なヘアカラー剤を紹介してきましたが、じつはこれらのヘアカラー剤は、サロン用として扱われています。

つまり市販品として並んでいないので、気軽に使えないわけですね。

 

それを聞いた人は、「市販品で安全なものない?」と考えますよね?

じつは結論から言ってしまうと、市販品で安全な白髪染めはありません。

 

 

市販品は簡単に染まるから安全性は確保できない

市販品の白髪染めは、「誰でも簡単に白髪が染められる」というのがコンセプトです。

簡単に染められるように白髪染めを設計すると、頭皮に負担が大きい成分ばかりになってしまいます。

だから市販品で安全な白髪染めがないと言っているわけですね。

 

基本はサロンカラーを使おう

どうしても安全に白髪染めをしたいのなら、美容室へ行って、美容師さんに丁寧に白髪染めをしてもらいましょう。

 

美容師さんに染めてもらうと、頭皮に薬剤が付かないように配慮してくれます。

またトラブルが起きにくくするために、前処理剤で頭皮を保護してくれるはずです。

 

このようにサロン用のカラー剤そのものが刺激を抑えられるだけでなく、美容師さんの技術で頭皮の負担を少なくできるでしょう。

 

安全に白髪染めをしたい人におすすめの薬剤はコレ!

それでも自分で白髪染めをしたい!という人は、次の白髪染めを使ってみましょう。

頭皮が荒れにくい成分でできているので、安心して白髪が染められますよ。

 

ジアミンで被れた人は「マロン マインドカラー」がおすすめ

 

安全な白髪染めとしておすすめなのが、マロンのマインドカラーです。

こちらのヘアカラー剤は、酸性カラーなので荒れにくくなっています。

 

パッケージを見ると、「白髪染めが使えない方に」と書かれているほど、頭皮に負担が少なくなっているわけですね。

 

予防なら「フォード ハーブマジック」

※引用:Instagramより

 

サロン用としてしか扱えませんが、ハーブマジックのヘアカラー剤も安全性が高くなっています。

植物由来の成分で作られているので、安全性が高いでしょう。

 

しかしただの白髪染めではなく、頭皮洗浄といわれるヘッドスパをしてから、白髪が染まりやすくなった状態で使います。

かなり専門性が高いものだからこそ、安全性が高いわけですね。

 

当サイトの運営サロンで施術可能なので、安心して白髪染めを受けたい人は電話で相談してみてください。

 

正しいヘアケアができていますか?不安がある人は弊社の頭皮洗浄! | セキ美容室
30歳を過ぎた頃から仕事や家事が忙しくて、体の疲れがとれない…。 そのせいで髪をきれいにセットするのは面倒で、ヘアケアも毎日適当になってしまっていませんか? 白髪が増えてきてセットをしても決まらない… 抜け毛で気になってカラーなどをしていいのかわからない… 敏感肌のせいで頭皮がかゆくてセットどころではない… 時間がない...

 

※ちなみに若干のジアミンが含まれるので、すでに白髪染めでアレルギー反応が出ている人は施術を受けないほうがいいでしょう。

 

安全に白髪染めをしたいなら美容室に行って相談するのがおすすめ

白髪染めを安全に受けたいのなら、市販品は辞めて、サロン用を使いましょう。

どうしてもセルフカラーで白髪染めをしたいのなら、マロンカラーを使うのがベストです。

 

白髪染めで頭皮が荒れた経験がある人でも、使えるようになった白髪染めになります。

 

予防のためにいい白髪染めを探している人は、ハーブマジックカラーを使うのがおすすめですよ。

サロン用になるので、通っている美容室があれば聞いてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました